輸血部

スタッフ

職名 氏名・スタッフ数
輸血部長 岩井 雅則
看護師 1名
臨床検査技師 1名
薬剤師 1名

<皆さん献血に ご協力ください!!>

輸血療法って何でしょう?What is Blood Therapy?

輸血療法は、血液中の赤血球や血小板などの細胞成分、凝固因子などの蛋白成分が何らかの原因で減少または機能的に低下した 場合、減少あるいは欠乏している成分を補充する治療です。ここで重要なことは、各血液成分はボランテイアからの献血に依存しているため有限であり、従って 有効使用することが求められます。たとえば、薬剤の投与で不足した血液成分を元に戻すことができれば輸血療法の必要はありません。また、手術などで輸血の 必要が生じた場合も必要最小限の輸血に留めることが重要です。また、輸血療法はウイルスの混入などで代表される一定のリスクを伴います。つまり、輸血療法 にあたってはリスクをはるかに上回る効果(リスク対効果)が期待できるかどうかを十分考慮することも必要です。

輸血部って何するところ?

輸血療法が安全に、そして適正に行われることを目標に次のような業務を行っています。輸血療法を行うために使用されるものには、献血によって支えられている赤十字センターの献血血液製剤と手術が必要になった場合に手術などの出血に備えて自分の血液を計画的に貯めておく自己血があります。

それぞれについて輸血部がどのように関わっているかご説明しましょう。

赤十字血液センターの血液製剤 の輸血

皆さんの献血による血液等が製剤となって実際に患者さんに使用されるには,様々なステップが踏まれます。というのは、これらの血液製剤を患者さんの治療に使用するということは、臓器移植と同じくらいに細心の注意が必要となるからです。なにしろ他人の血液が患者さんの体の中に入るわけですから副作用や合併症の危険は、できるだけ避けねばなりません。

まず赤十字センターは、問診、検査を行い、安全だと確認された血液を血液製剤にしています。

輸血部では、患者さんの手術予定や貧血等に対する輸血療法が決まると赤十字センターから患者さんの血液型に合った血液製剤を取り寄せます。この製剤の保管・管理・在庫調整などは、輸血部でおこなわれます。

次に取り寄せた血液製剤が患者さんの血液が適合するかどうかを検査します。おそらく皆さんはご自分の血液型がA・B・O・ ABの何であるか、RH(+)・(-)のどちらかであるかは、御存知だと思います。しかし、A・B・O・AB型とRHプラス・マイナスが患者さんと同じ血液製剤でも適合しない場合がまれにあります。どのように適合かどうかを検査するのか?これは、事前に実際に製剤の血液と患者さんの血液を混ぜ合わせます。これで何も起こらなければ、その血液製剤を患者さんに輸血しても大丈夫であると判断できるのです。

血液製剤は、使用の前に放射線を当てます。これは、GVHDという副作用を防ぐためにおこないます。

輸血部では、血液製剤を安全に使用されるよう適正な保管・管理を行うとともに、献血に支えられている血液製剤の有効利用に努力しています。

自己血の採血と輸血

最近輸血による副作用が話題になっています。血液製剤は、赤十字センターで感染症などの検査が行われています。しかし感染 後まもない献血者の方からの血液は、検査で見つけられないことがあります。また、たとえ試験管の中で何も反応がなくとも患者さん自身の血液ではないので、 何らかの副作用がおこる可能性があります。では、患者さんの血液を患者さん自身に輸血したら・・・?それらの副作用は、防ぐことができますよね。

自己血とは、自分の血液を予定された手術のために計画的に貯めておき、必要があれば使用するというものです。つまり、自分 のためだけの血液製剤を自分の出血にそなえて造っておくといったところでしょうか。患者さんによっては、400mlの採血を3回ほどされる方もみえますが、計画的に採血をおこなうので、問題はありません。必要な場合には、鉄剤や、造血剤などの薬を使用していただきます。

輸血部では、自己血採血と採血された血液の保管・管理をおこなっています。

血液製剤使用実績 平成27年

H27siyouryouH27haikiritu