脳神経外科

スタッフ

職名・ 氏名 医師資格取得年度 主な専門領域及び認定医、専門医など
副院長兼
救命救急センター長兼
地域医療連携センター長
伊藤 淳樹
昭和54年 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
脳神経外科部長兼
中央材料部長
杉田 竜太郎
平成2年 日本脳神経外科学会専門医
主任医長
伊藤 英治
平成12年 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会
日本コンピューター外科学会
医長
椎名 諭
平成18年 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経外科コングレス会員
医師
鈴木 啓太
平成27年
医師
牧 稔人
平成28年

特色

脳神経外科全般にわたって総合的に診療を行っています。東濃地方の要となる救急救命センターがあり、集中治療室、手術室とも連携して脳血管障害(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)、頭部外傷などの救急症例に対して24時間対応可能な体制をとっています。脳ドックにより脳卒中の予防にも力を入れています。

病例数・治療・成績

2017年の入院患者数は483名。手術は196例、全手術例のうち脳腫瘍が20例、脳血管障害 (脳動脈瘤、脳出血、脳動静脈奇形、内頸動脈狭窄症)が42例、慢性硬膜下血腫を含めた頭部外傷が71例で残りが水頭症、三叉神経痛、脳膿瘍などです。脳血管内手術は脳血管内専門医の協力を得て、昨年度は脳動脈瘤に対するコイル塞栓術を中心に9例施行しました。

■脳腫瘍は神経膠腫、悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍など悪性のものと、髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍など成長速度がゆっくりしたものに大別されます。そのうち神経膠腫は手術、放射線照射、化学療法を行います。聴神経腫瘍は手術療法の外にサイズが小さいものに対しては ラジオサージェリーを選択しています。下垂体腫瘍は経蝶形骨洞法を第一選択としています。転移性脳腫瘍は手術療法の外にラジオサージェリーも行います。最新のナビゲーションシステムを使用しています。

■脳血管障害のうち破裂脳動脈瘤は個々の症例ごと手術の適応、方法を決定しています。再出血防止のための治療として開頭術〔クリッピング術〕と脳血管内手術があります。脳動静脈奇形は開頭手術、血管内手術、ラジオサージェリーを症例により選択して行います。脳出血で手術適応のあるものについては症例により開頭による血腫除去術あるいは内視鏡での血腫除去術を行います。

■重症頭部外傷には開頭血腫除去術とともに、重症例においては 頭蓋内圧モニター下に脳低温療法を行い、脳保護をはかっています。

■治療できる痴呆症として再び注目されている特発性水頭症に対しては適切な診断で手術適応と考えられた場合には積極的な治療により生活の質の向上をめざします。

医療設備

16列および64列の高速マルチスライスCT、3Tおよび1.5T-MRI、PET-CTが稼働しています。脳疾患の診断、鑑別がさらに早く正確にできるようになりました。他にもDSA、SPECTがあります。

従来の放射線治療に加え、高精度な放射線治療が実施可能な外照射放射線治療装置(NovalisTx)による定位放射線治療も稼働しています。

外来診察

 

gairai_btm