診療科のご案内

小児科

ごあいさつ

みなさま、こんにちは。 本日は当小児科のホームページを開いて下さり有難うございます。
当科は岐阜県東濃・中濃地方の基幹施設として他の病院や診療所の先生方と連携し、チーム医療の確立と医療レベルの向上に努めております。 お子さまの心身の健康と疾病の克服のお役に立ちたいと願っています。
スタッフ一同皆様が安心して医療を受けられます様、日夜努力しておりますが、もしお気付きの点がありましたら、ご連絡頂ければ幸いです。

外来時間割

外来診療は次の表のようになっており、すべて午前の一般外来初診後に予約して頂くことになっています。
勿論急患はこの限りではありません。救急の場合はお電話で小児科外来まで御連絡下さい。

スタッフ

医師氏名職名医師資格取得年度認定医、専門医等
荒川 武小児科部長平成1年新生児、小児循環器
日本小児科学会専門医・指導医
石田 敦士主任医長
NICUセンター長
新生児内科主任医長

平成12年

日本小児科学会専門医・指導医
NCPRインストラクター
新生児専門医
谷口 弘晃主任医長
新生児内科主任医長

平成15年

日本小児科学会専門医・指導医
NCPRインストラクター
向井 愛子主任医長
新生児内科主任医長
平成15年小児科一般
日本小児科学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
根岸 豊主任医長
新生児内科医長
平成17年日本小児科学会専門医・指導医
日本小児科神経学会専門医
日本てんかん学会会員
柘植 智史医長
新生児内科医長
平成19年日本小児科学会専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 日本プライマリ・ケア認定医
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
武内 温子主任医師
新生児内科主任医師
平成25年日本小児科学会専門医
日本小児科神経学会会員
日本小児精神神経学会会員
伊藤 祐大主任医師
新生児内科主任医師
平成26年日本小児科学会会員
日本小児アレルギー学会会員
山本 幸佑主任医師平成28年日本小児科学会
日本新生児生育医学会
伊藤 宏司医師平成29年日本小児科学会会員

小児科休日・夜間緊急外来

当院の小児科医師は、NICU(新生児・未熟児センター)に入院中の患者さんの治療・管理と緊急帝王切開や仮死出産児など 院内・院外産科の救急診療要請に対応するため、毎日交代で当直しています。
当院は、他の医療施設では対応困難な重症・重度の患者さんの救命・治療等にあたる救急病院です。
その他の小児救急医療は、他の医療施設からの紹介患者さんの診療(二次・三次医療)を原則とさせていただいております。
かかりつけのお医者様の診察を受けられてから、紹介状をお持ちのうえで、ご来院ください (ただし、保護者様がお子様の生命に危険を感じ、緊急に当院を受診する必要があると判断された場合はこのかぎりではありません)。
また、重症患者さんの治療のため、速やかに診察ができない場合がありますので、ご来院の前に救急外来受付まで電話 (代表 0572-22-5311)でご連絡ください。

小児救急電話相談事業および近隣市町村休日急病診療のご案内

  • 小児救急電話相談事業 休日・夜間におけるお子さんの急な体調不良や病院を受診すべきか迷った時に看護師が電話相談に応じます。

相談電話番号 局番なしの #8000 (携帯電話、プッシュ回線)
058-240-4199(一般回線)
相談時間 月曜~金曜日:18時~翌朝8時
土曜日、休日、年末年始(12/29~1/3):8時~翌朝8時
詳細は岐阜県広域災害・救急医療情報システムホームページをご覧下さい。

より良い医療を行うためには、各医療施設の役割分担と連携が大切です。皆様のご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申しあげます。

小児科病棟

定数19。季節変動が大きく、冬期は病床利用率が大ですが、夏季は比較的空床があります。
近年の入院数は、平成29年度 1,282名、平成30年度 1,215名、令和元年度1,321名、令和2年度777名となっています。
内訳は肺炎、気管支炎、胃腸炎などの感染症が中心ですが、てんかんなどの神経疾患、腎炎、ネフローゼなどの腎臓疾患、血小板減少性紫斑病などの血液疾患、気管支喘息などアレルギー疾患など多岐にわたります。
当科で対処が困難な一部の疾患(血液・悪性腫瘍、心疾患など)については高次施設と連携をとり、患者さんが最適な治療を受けられるべく手配します。

NICUセンター

NICU9床、回復室(GCU)11床の20床。近年は近隣産科開業医の先生方のご協力により、 ハイリスク分娩は出生前に当院産科へ母体搬送され、当院で出生されNICUに入院する症例が増加しています。
このシステムは出生直後から治療を開始できるという点から児にとって非常に有益となります。現在では全NICU入院児の約80%が院内出生となっています。
院外出生の新生児の入院依頼に関しては、各地域に搬送用保育器を配備し、自治体救急車にて新生児を当院へ搬送するトランスポートシステムをとっております。
近年の入院数は平成29年度 452名、平成30年度 397名、令和元年度 430名、令和2年度 369名となっています。重症呼吸障害に対するNO吸入療法も対応可能です。当科で対応困難な一部の疾患(新生児外科疾患、心疾患や 重症仮死で脳低温療法が必要な場合)については高次施設と連携をとることにより、充実した診療体制を整えています。

お知らせ

  1. 小児に関する検査依頼については県立多治見病院小児科外来に直接電話して依頼して下さい。
  2. 学校健診で心エコーが必要のある場合は小児科外来へ直接電話して下さい。

電話番号 0572-22-5311 内線2272
検査日 毎週月曜日(午前)・火曜日(午後)