診療科のご案内

心臓外科

スタッフ

心臓外科部長 兼 臨床工学部長 兼 救命救急センター医長
八神 啓

主な専門領域・専門医等

  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医・国際会員・修練指導医
  • 日本胸部外科学会・正会員
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本循環器学会

医師資格取得

  • 平成13年

主任医師 兼 救命救急センター主任医師
藤田 山

主な専門領域・専門医等

  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本集中治療学会
  • 日本救急医学会

医師資格取得

  • 平成21年

主任医師
石田 真一

主な専門領域・専門医等

  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本冠疾患学会

医師資格取得

  • 平成28年

心臓外科紹介

心臓の手術は怖い、不安だ、とお考えの方がほとんどだと思います。
最近は医療技術の進歩により心臓手術は非常に安全に施行できるようになりました。しかし、実際に手術を受けられる患者さん、ご家族の不安は、当事者にしかわからない大きなものがあると思います。そんな不安に対して、病状、手術の必要性、内容、危険性、術後の経過、費用などしっかりご説明させていただき、安心して診療を受けていただけるよう努力しております。
当科は、東濃地区唯一の心臓外科として、都市部の医療機関と比較しても遜色ない、質の高い医療を提供する責務を担っております。1982年に開設後、東濃の患者さんの心臓外科治療に取り組んでまいりました。今後とも、地元で安心して心臓外科治療を受けていただけるよう、医療活動を続けてまいります。

当科の特色

成人心臓外科手術全般
虚血性心疾患、弁膜症、および胸部大血管手術を担当します。週2件の待機手術に加えて、緊急手術に対応しています。

冠動脈バイパス手術
狭心症、心筋梗塞に対する手術です。病変や全身状態により、人工心肺を使用する手術と、使用しない手術を選択して施行しています。

弁膜症手術(弁形成、弁置換)
心臓弁の異常(逆流したり、狭くなったり)に対する手術です。僧帽弁閉鎖不全症は、ほとんどの症例で自己弁を温存した僧帽弁形成術を施行しています。心房細動を合併していた場合には、不整脈手術(メイズ手術)を併施します。
大動脈弁形成にも取り組んでおります。  
2018年より低侵襲心臓手術(MICS)を導入しており、より負担の少ない手術を施行しております。

胸部大血管手術
胸部大動脈瘤、大動脈解離に対しての手術です。
待機手術、緊急手術とも対応しています。

施設認定

  • 日本心臓血管外科学会専門医認定機構 基幹施設
  • 日本成人心臓血管外科手術データベース参加認定施設
  • 胸腔鏡下弁手術 実施認定施設
  • 経皮的補助人工心臓(インペラ)実施認定施設

手術実績

令和2年7月更新

MICSの紹介

2018年度の診療報酬改定より
「胸腔鏡下弁形成」・「胸腔鏡下弁置換」が新設され、当院でも2018年8月からMICSを開始しました。
現在MICSにて、僧帽弁形成、僧帽弁置換、大動脈弁置換を施行しております。今後適応症例を広げてゆく予定です。

低侵襲心臓手術(minimally invasive cardiac surgery:MICS)
胸骨正中切開を行なわず、内視鏡補助下での心臓手術

手術の傷が小さく、術後疼痛も軽減されるため、早期退院が期待できます。
(注:すべての患者さんがMICSを施行できるとは限りません)