整形外科

スタッフ


氏名、職名、医師資格取得年度、専門領域

認定医、専門医等
高津 哲郎
副院長兼
整形外科部長 兼
リハビリテーション科主任医長
平成1年
(脊椎・脊髄外科、人工関節、リウマチ)
低侵襲手術について
低侵襲人工関節置換術
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医
日本人工関節学会認定医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
臨床研修指導医講習会修了
新井 哲也
手の外科部長 兼
整形外科主任医長
平成9年
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本手外科学会専門医
大野 徹二郎
主任医長
平成16年
日本整形外科学会専門医
臨床研修指導医講習会修了
安藤 友樹
医長
平成20年
日本整形外科学会専門医
大野 祐輔
主任医師
平成23年
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
須藤 祥人
医師
平成29年
日本整形外科学会会員
鷲見 聰
医師
平成30年
日本整形外科学会会員
村瀬 史典
医師
平成30年
日本整形外科学会会員

概要

整形外科は運動器の疾患や外傷を治療する科です。運動器とは背骨から手足の先まで、ほぼ全身の骨・関節、神経・筋肉・靱帯などを意味し、それらの炎症、外傷、加齢性変化、先天性疾患、腫瘍など多種多様な疾患を治療しています。

当科は名古屋大学医学部整形外科教室の関連病院として診療、専攻医の指導、臨床研究活動を行っています。また当院は地域医療支援病院、災害拠点病院として東濃・可児地区の基幹病院の役割を担っているため、重症疾患・重度多発外傷などの受け入れにも積極的に取り組んでいます。

診療内容と特色

骨折など外傷治療の他に、脊椎脊髄外科、関節外科、人工関節置換術、手の外科、骨軟部腫瘍外科など幅広い診療領域をカバーしています。

外傷治療は緊急性が求められる事も多く、手術室や他科との協力体制の下、緊急手術を多数行っており、総手術件数は年問1000件を越えています。

高齢化社会に伴い、橈骨遠位端骨折(手首の骨折)、脊椎圧迫骨折(せぼねの骨折)、大腿骨近位部骨折(脚の付け根の骨折)は増加傾向です。治療のため長期間安静にしていると廃用性障害を来しやすいため、積極的に治療を行い早期からのリハビリを行っています。

大腿骨近位部骨折では、地域連携パスの計画管理病院として診療に当たっています。当院で早期手術・早期リハビリを行った後は、回復期リハビリテーション病院や老人保健施設等へ転院して頂き、更なるリハビリを行った後に自宅へ退院・かかりつけ医に至る、切れ目のない地域完結型の治療計画となっています。

当科では開設以来、脊椎脊髄外科・人工関節置換術に積極的に取り組んできました。脊椎外科では低侵襲・先進的な手技である経皮的にインプラントを挿入するMlSt(低侵襲脊椎安定術)手術でも10年以上の治療実績があり、県内有数の実績です。低侵襲な手術の結果、ほとんどの脊椎手術で手術翌日からの離床訓練が可能です。

腰椎椎間板ヘルニアに対する注射用コンドリアーゼ(ヘルニコア®)は適応を遵守して施行しております。診察時に適応を判断し、原則1泊の入院にて施行しております。

人工股関節置換術では2006年以降、ほとんどの症例で小さい皮膚切開(8~10cm程度)から筋肉を切らない低侵襲前方進入で手術を行っており、手術翌日からの離床訓練が可能です。術後脱臼の頻度は0.3%末満と良好な成績です。

外来診療

2020年4月から複数の常勤医師の退職に伴い当科の医師数は減員となりました。地域の基幹病院として救急医療、重症患者の受入れ、手術等の高度医療の提供および専門性の高い医療、そして若手医師の教育・指導など、従来の機能は維持しつつ少ないスタッフ体制で対応せざるをえない状況です。

それに伴い、2020年4月より当科外来は完全予約制に移行しました。当科への初診は病診連携予約あるいは紹介状をお持ちの患者さんで予約をされた方のみとし、事前の予約無く直接来院された方の診察はお断りしています。

皆様にはあらかじめ「かかりつけ医」をお持ち頂き、当院受診希望の際にはかかりつけ医から予約を取っていただいた上で「情報提供書(紹介状)」をお持ちください。治療後に症状が安定されましたら、再度「かかりつけ医」へ逆紹介させて頂き、切れ目のない治療が受けられます。長期に定期的な経過観察が必要な場合は、「多治見シャトル」で当院から「かかりつけ医」に次回受診時期をお知らせし、予約の上で当院に受診して頂いていますので、お尋ね下さい。

gairai_btm