キラキラきっず建設経過

このページは、院内保育施設の改築移転工事を写真を交えて紹介いたします。

キラキラきっずについて

利用定員:60名(0~2歳)

構造:木造平屋建

延床面積:581㎡

完成予定:平成31年3月

院内保育施設を改築移転し、定員を45名から60名に増員して平成31年3月に開設予定です。新たな保育施設では「緑と園舎でつつみ込む、みんなのおうち」をコンセプトに、地元産のタイルと木材を使用して安心して子育てと仕事を両立できる環境づくりを進めていきます。

 

土間コンクリートの打設が完了しました 平成30年8月31日現在

土間コンクリートの打設が完了

土間コンクリートの打設が完了しました。保育室や遊戯室の土間コンクリートの下部には、「土壌蓄熱式の床暖房」が敷設されており、土壌を蓄熱層として躯体から暖めるため、やさしい温度で冬場も快適に過ごせます。
写真右側の半円状の物は植栽を植えられる擁壁となっており、様々な植物が植わります。花が植わることで、華やかな雰囲気になりそうです。
9月中旬からは、いよいよ現場において木構造を組み立てる「建て方」が始まります。これからますます形が見えてきます。

基礎工事のスタート 平成30年7月31日現在

保育施設基礎工事

柱状改良杭工事が終わり、基礎工事を行っています。完成すると見えなくなりますが、建物を支える大事な部分になります。

工事スタート 平成30年5月31日現在

保育施設造成工事

工事がスタートして造成工事を進めています。まだまだ保育所の形はわかりませんが、ここからどんどん工事が進んでいきます。