中・西病棟のご案内

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

航空写真 ▲航空写真
病棟-南面 ▲病棟-南面
c屋上庭園 ▲屋上庭園
1階-アトリウム ▲1階-アトリウム
一般病棟-スタッフステーション ▲一般病棟-スタッフステーション
一般病棟-個室 ▲一般病棟-個室
一般病棟-4床室 ▲一般病棟-4床室
一般病棟-食堂 ▲一般病棟-食堂

中・西病棟について

概要

名 称 中・西病棟
所 在 地 多治見市前畑町5丁目161番地(現県立多治見病院敷地内)
規 模 地上8階、地下1階
構 造 鉄骨造、免震構造
延床面積 約27,347㎡
病 床 数 460床
駐車台数 約340台
総事業費 約104億円(解体工事、外構・駐車場工事を含む)

特徴

・緩和ケア病棟の整備(県内の公立病院で初めて)
・精神・結核合併症病床の整備(県内の病院で初めて)
・災害時対応の強化(免震構造の採用、主・予備の2回線電気)
・療養環境の向上(個室率の増加、談話室の拡充)
・労働環境の向上(休憩室、仮眠室の拡充)
・環境への配慮(太陽光発電の採用)

中・西病棟が医療福祉建築賞(2011)を受賞しました

「医療福祉建築賞」は一般社団法人日本医療福祉建築協会が主催する顕彰事業で、建築として質が高いことに加えて、利用者側ならびに職員側にとって快適で使い勝手がよい、すなわち中身と器が調和し、いずれにおいても優れている医療・福祉・保健施設等に送られる賞です。

centerwest_img09