医療の質

 医療の質とは、提供する診療や治療の質のことであり、広い意味では「医療が望ましい健康状態をもたらす可能性の高さ」「その時々の専門知識に合致している度合」と考えます。言い換えれば、エビデンス(科学的根拠)に基づいた標準医療がどのくらい行われているかが表れたものです。そのため、エビデンスに基づいた診療ガイドラインを参考にし、それに準拠する治療の実践が必要となります。

 現在、厚生労働省が中心となって、医療の質の向上や効率化を目指し医療の質を評価する取り組みが進みつつあります。標準医療がどの程度行われているかを数値化する取り組みです。

 当院でも、平成22年度から各診療科で指標を定め、ホームページに掲載してきました。平成24年度からは日本病院会「QIプロジェクト」(QI=Quality Indicator、厚生労働省 医療の質・公表等推進事業が前身)に参加、平成27年度からは全国自治体病院協議会「医療の質の評価・公表等推進事業」にも参加しています。

 各指標の数値は患者さんの病気の種類・重症度・年齢など様々な要因に影響されるため、他の病院との厳密な比較は困難ですが、重要なのは、指標の数値を測定することで当院での経年変化をとらえ、病院全体で改善への取り組みを継続して実践することであると考えています。

 また、当院では毎年患者満足度調査を実施するとともに、意見箱の投書に占める苦情の内容分析を行っており、さらに連携している地域の病院・クリニックにもアンケート調査を実施しています。医療提供側の価値判断だけでは、医療の質の評価は十分ではありません。患者さんの満足度は直接的な評価の指標であり、意見箱の投書や連携先からのご意見に対策を講じることは医療の質の向上につながると考えています。患者満足度・連携先満足度を重要な医療の質の指標とし、改善を目指していきたいと考えています。

※参考

患者満足度調査結果

・平成28年度

・平成27年度

当院のQI指標  ※QI一覧表はこちら

・QI1 病院全体

・QI2 看護

・QI3 手術

・QI4 薬剤管理

・QI5 リハビリ

・QI6 栄養管理

・QI7 検査

・QI8 周産期

・QI9 救急

・QI10 職員

過去の指標