がん登録

がん登録とは

 「がん登録」とは、がんの罹患や転帰その他の状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がん罹患数・罹患率、がん生存率、治療効果の把握など、がん対策の基本となるデータの把握のために必要なものです。

 「がん登録」には、3つの登録があります。

「全国がん登録」とは

「全国がん登録」は、「毎年どのくらいの人が新たにがんと診断されているのか」すなわち、がんの「罹患数」などを把握しています。
「全国がん登録」についてはこちら

「院内がん登録」とは

「院内がん登録」は、医療機関ごとにがんのデータの収集、解析などを行っております。また、「全国がん登録」にて、都道府県にがんの情報を提供する役割もあります。
「院内がん登録」についてはこちら

「臓器がん登録」とは

 大学と主要な医療施設が参加し、学会・研究会が中心となって、臓器別に全国規模で実施されているがん登録のこと。がんの臨床病理学的特徴と進行度の正確な把握に基づく適切な治療指針の確立、進行度分類のあり方などを検討することを目的としています。

 これらのデータにより、罹患数からは、国のがん対策や都道府県の地域医療計画に活かされます。また、がんの進行度や生存率などの情報からは、治りやすさの目安にもなるため、医師と患者が治療方針を考えるうえで重要な情報のひとつになります。

 このように、がん登録のデータによって得られた統計情報はいろいろな場面で役に立っており、私たちがよいがん医療を受けられる体制をつくるためには、なくてはならない制度なのです。そして、より正しいデータを収集するためには、がんに関する情報を提供していただくがん患者をはじめ、一人一人の市民の理解と協力が何よりも大切になっています。

 詳しくは、各ホームページを参考にしてください。

[知っておきたいがんの基礎知識]
国立研究開発法人国立がん研究センターがん情報サービス

[がん登録・統計][がん情報サービス]
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

ぎふがんねっと「岐阜県のがん登録」
岐阜県がん患者支援情報提供サイト

生存確認調査について

 院内がん登録では、患者さんのがんの診断から治療後3年、5年、10年の経過を把握し、治療効果を判断する最も重要かつ客観的な指標として生存率集計を行っております。当院も地域がん診療連携拠点病院として、この指標のための調査を行っております。

 調査方法は外来通院状況や連携病院からの情報提供が主ですが、治療の終了、転院、転居により当院での受診が継続されていない場合は、市区町村への照会などの調査をさせていただく場合があります。

 この調査を行うことにより得られた情報は、診療情報、院内がん登録の生存率集計の届出など、疫学研究、がん医療の評価として国のがん対策に役立てられています。

 なお、患者さんの情報利用に同意いただけない場合は、その旨を当院までご連絡いただきますようお願いいたします。

詳しくは当院の個人情報の利用目的をご覧ください。

 

個人情報保護について

 当院では、がん登録の精度向上のために、専門的な研修を受けた登録実務者が担当しております。また、平成28年1月に施行された「がん登録等の推進に関する法律」にて、個人情報保護や管理、罰則に対する規定が厳しく定められており、これを遵守しております。

当院の院内がん登録

 院内にて登録した2017年症例院内がん登録の集計結果になります。

登録対象との方法について
その他の集計結果について

1.登録数の推移

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

1-2.部位別登録件数

登録数の年次推移2014~2016

1-3.部位別登録件数の割合

登録数の年次推移2014~2016

1-4.部位別登録件数の年次推移

登録数の年次推移2014~2016

1-5.部位別登録件数の上位5部位(2017年症例)

登録数の年次推移2014~2016

当院では、男女ともに大腸がんが一番多く、続いて男性では肺がんが、女性では乳がんが
多い結果となりました。

1-6.部位別登録件数の全国値と岐阜県全体の比較

登録数の年次推移2014~2016

全国値、岐阜県全体と比較すると、この地域では肺がんが多いようです。

2.年齢の割合

2-1.年齢6階級別登録数の年次推移

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

全体では60歳以上で、件数は少しずつ増えているようです。

2-2.男女別 年齢6階級別登録数の年次推移

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

男性では60歳以上で、女性では50歳以上で、増加傾向です。

2-3.年齢6階級別登録数割合 岐阜県と全国地との比較

登録数の年次推移2014~2016

年齢階級別の全国値と岐阜県の比較では、同じような割合となっています。

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

2-4.年齢6階級別登録数 2017年症例部位別割合

登録数の年次推移2014~2016

男性では、若年層では造血器腫瘍が目立ち、年齢を経ていくと前立腺がんが増加しています。
女性では、若年層の子宮頸がんが目立ちます。40代では乳がんが半分近く占めています。

3. 診断時住所別集計

登録数の年次推移2014~2016

 二次医療圏である東濃地区だけで80%を占め、地域がん診療拠点病院としての役割を果たしており、近隣の二次医療圏からも20%近く受診されているようです。

<二次医療圏について>
 厚生労働省が、医療法にもとづいて、地理的なつながりや交通事情などを考慮して、
一定のエリアごとに定め、複数の市町村を一つの単位としています。
 岐阜県は、岐阜圏域、西濃圏域、中濃圏域、東濃圏域、飛騨圏域の5つのエリアに
区分され、そのうちの東濃圏域は、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市と
なっております。(2018年現在)

4. TNM病期分類(ステージ)集計 院内がん登録2017年症例集計

(UICC TNM悪性腫瘍の分類 第7版・原発性肝癌取扱い規約 第6版)

※ 当院「病院指標」の「3.初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発患者数」とは、
異なる集計対象、集計方法のため、集計結果も異なります。
●初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発患者数 病院指標(平成29年度)

※ 取扱い規約が普及している肝臓は、別に集計。

4-1.治療前ステージ 
CTなどの画像検査で診断したステージ

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

4-2.術後病理学的ステージ
手術後の病理診断のステージ(手術未施行は含まない)。
治療開始時点でのがんの状態をより正確に表しているとされる。

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

4-3.総合ステージ
手術を行った場合には「4-2.術後病理学的ステージ」で、手術を行わなかった場合には
「4-1.治療前ステージ」を用いて診断したステージ。

登録数の年次推移2014~2016

登録数の年次推移2014~2016

< Stageステージ(病期)について>
ステージは、がんの進行度によって、初期段階の0期から最も進行している4期まで
分類。各ステージの分類については部位ごとで異なりますが、がんの深達度、周囲
組織への広がり(浸潤度)、リンパ節への転移、その他の臓器などへの遠隔転移に
より分類されています。