がん登録

がん登録とは

 「がん登録」とは、がんの罹患や転帰その他の状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がん罹患数・罹患率、がん生存率、治療効果の把握など、がん対策の基本となるデータの把握のために必要なものです。

 「がん登録」には、3つの登録があります。

「全国がん登録」とは

「全国がん登録」は、「毎年どのくらいの人が新たにがんと診断されているのか」すなわち、がんの「罹患数」などを把握しています。
「全国がん登録」についてはこちら

「院内がん登録」とは

「院内がん登録」は、医療機関ごとにがんのデータの収集、解析などを行っております。また、「全国がん登録」にて、都道府県にがんの情報を提供する役割もあります。
「院内がん登録」についてはこちら

「臓器がん登録」とは

「臓器がん登録」は、新しい治療法等学術的な検討に用いられています。
「臓器がん登録」についてはこちら

 これらのデータにより、罹患数からは、国のがん対策や都道府県の地域医療計画に活かされます。また、がんの進行度や生存率などの情報からは、治りやすさの目安にもなるため、医師と患者が治療方針を考えるうえで重要な情報のひとつになります。

 このように、がん登録のデータによって得られた統計情報はいろいろな場面で役に立っており、私たちがよいがん医療を受けられる体制をつくるためには、なくてはならない制度なのです。そして、より正しいデータを収集するためには、がんに関する情報を提供していただくがん患者をはじめ、一人一人の市民の理解と協力が何よりも大切になっています。

 詳しくは、各ホームページを参考にしてください。

[がん登録・統計][がん情報サービス]
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

ぎふがんねっと「岐阜県がんの統計情報」
岐阜県がん患者支援情報提供サイト

生存確認調査について

 院内がん登録では、患者さんのがんの診断から治療後3年、5年、10年の経過を把握し、治療効果を判断する最も重要かつ客観的な指標として生存率集計を行っております。当院も地域がん診療連携拠点病院として、この指標のための調査を行っております。

 調査方法は外来通院状況や連携病院からの情報提供が主ですが、治療の終了、転院、転居により当院での受診が継続されていない場合は、市区町村への照会などの調査をさせていただく場合があります。

 この調査を行うことにより得られた情報は、診療情報、院内がん登録の生存率集計の届出など、疫学研究、がん医療の評価として国のがん対策に役立てられています。

 なお、患者さんの情報利用に同意いただけない場合は、その旨を当院までご連絡いただきますようお願いいたします。

詳しくは当院の個人情報の利用目的をご覧ください。

個人情報保護について

 当院では、がん登録の精度向上のために、専門的な研修を受けた登録実務者が担当しております。また、平成28年1月に施行された「がん登録等の推進に関する法律」にて、個人情報保護や管理、罰則に対する規定が厳しく定められており、これを遵守しております。

当院の院内がん登録 全登録件数

院内がん登録 部位別全登録件数

 当院での院内がん登録 全登録件数を集計した3年分の推移グラフです。
 登録については、入院・外来を問わず、当院において当該腫瘍にたいして、初診、診断・治療の対象となった腫瘍を登録し、集計しております。詳細条件や過去の集計情報については、グラフ下の「過去の全登録集計表の詳細について」をご覧ください。

部位別全登録件数2014~2016

*グラフをクリックすると拡大します。

●過去の全登録集計表の詳細については、こちらへ。

●主要5大がん(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝臓癌)の病期分類集計(UICC TNM分類)はこちらへ。

当院にて多く登録されているがんについて

 当院の全登録集計した2016年症例の院内がん登録にて、多く登録されている悪性腫瘍(一部良性も含む)、いわゆる『がん』について集計しました。

2016年症例にて、当院の全登録集計にて多く登録されているがんの順位

*グラフをクリックすると拡大します。

 当院にて多く登録されているがんの年推移として、グラフにしました。
 当院での傾向として最も多いものは、大腸がんとなります。近年、内視鏡での検査により発見されることが多く、早く診断できるようになり、外科的治療等や化学療法等の計画、治療が行われています。早い時期の検査、治療であれば、内視鏡的手術により治療されます。以上のことより、早期発見、治療によって、大腸がんが増加しているものと考えられます。

当院にて多く登録されているがんの年推移

*グラフをクリックすると拡大します。

当院の院内がん登録 全登録集計よりわかること

 当院の院内がん登録全登録集計より、男女性別、年齢階級別等に集計し、当院のがんの傾向をグラフにしました。

全登録件数 性別 年推移

*グラフをクリックすると拡大します。

 全件数、男女ともにがんに罹る人が、増えている傾向にあります。
 では、男性、女性の年齢階級別に増加しているのか、年推移のグラフをみてみます。
 下から上へと最近の集計順に並んでいます。上へ上がるほど、がんが増加していることがわかります。
 男女ともに年齢階級の60代より、がんが増えている傾向にあります。

全登録集計 性別年齢別 年推移

*グラフをクリックすると拡大します。

 ここからは、男性、女性にわけて、どのようながんがあるのか、年齢階級別ではどのがんの割合が高いのかをみてみます。

男性マーク 当院の全登録集計件数からの男性の特徴は、女性に比べ肺がんが多いです。年齢部位別のがん罹患数割合では、若い方に大腸がんの割合が大きく、年齢があがるとがんの種類も増えているようです。
2つのグラフより、大腸がんが増加傾向ということがわかります。

 

全登録集計 性別年齢別 年推移

2016年 男性 年齢部位別 がん罹患数割合

*グラフをクリックすると拡大します。

女性マーク 当院の全登録集計件数からの女性の特徴は、乳がんが最も多く、次に大腸がんが増加傾向にあります。年齢部位別がん罹患割合では、若い方に乳がんの割合が大きく、年齢があがるとがんの種類も増えているようです。子宮頸部がん・子宮体部がん・卵巣がんは40代から50代に割合が大きいようです。

 

全登録集計 部位別 年推移 女性

2016年 女性 年齢部位別 がん罹患数割合

*グラフをクリックすると拡大します。

来院地域別 全登録件数グラフ 2016年症例

 当院での院内がん登録来院地域別に全登録件数を集計したグラフです。
 東濃地区は全体の約83%を占めており、東濃地区外については、近隣地区や他県からの来院があります。

2016年症例 来院地域件数 合計1540件

*グラフをクリックすると拡大します。

●全国の詳細情報については、国立がん研究センター「がん登録・統計」をご覧ください。
全国の最新統計はこちらへ