現任教育について

幅広い分野で、教育・研修の機会が充実した職場です。専門的な知識を身につけ、職員のキャリアアップをサポートするための教育・研修体制を整えています。 一人ひとりが自らの目標を設定し、着実にキャリアを積み重ねていくことができます。

1.基本方針

1)クリニカルラダーを用いたキャリア開発を行う。
2)自己の課題に取り組む姿勢を養う。
3)各人が期待されている役割を遂行するための学習を支援する。
4)看護実践能力を高め、専門職業人としての成長を促す。

2.目的

専門職業人として、質の高い看護が主体的に実践できるよう、それぞれの成長段階に応じた教育環境を提供し、支援する。

3.目標

1)看護の専門的知識・技術を段階的に習得し、看護実践能力が向上する。
2)専門職業人として、自らキャリアアップを目指すことができる。
3)患者・家族の人権を尊重し、倫理綱領に基づいた配慮ができる。
4)自ら探求する姿勢を身につけ、研究的視点で看護が実践できる。

4.位置づけ

itiduke

5.教育概念図

h28gainen

 新人からレベルⅣ・看護管理までのラダーによるステップアップを位置づけ、また専門職として全看護職員が、成長過程に応じて深めていく共通分野として「看護研究」「看護専門領域院内研修」「看護倫理」「スキルアップ全体研修」を位置づけた。

 当院における一人前とする看護師はレベルⅡの段階を目標としている。一人前の看護師とは「病院の理念・方針、看護部の方針に基づいて、目標達成のために主体的に行動できる。基本的な看護の知識・技術を身につけ個別性のある看護実践ができる」看護師である。そのためレベルⅡまで修得できる教育プログラムを準備し必須とする。新人・レベルⅠは「チームメンバーとしての役割」を、レベルⅡは「日々の業務リーダー役割、また後輩の指導者としての役割」を、レベルⅢは「部署におけるチームリーダーの役割」を、レベルⅣは「組織におけるチームメンバー及びチームリーダー役割」を担い、個々の自立を目指している。

 看護研究は、レベルⅠから各段階において指導・支援を行い、年度末には、新人は「看護観」、レベルⅠから管理まではケーススタディを提出し評価する。

 看護専門領域院内研修は、看護の質の保障と患者の安全の確保のために「褥瘡ケア」「感染管理」を新人からレベルⅢまで段階に応じて修得する。「栄養管理」はNSTとの連携ができることを目的にレベルⅠおよびレベルⅡで修得する。

 看護倫理は専門職業人として求められる看護者の倫理と事例を通して新人からレベルⅣ・管理まで段階に応じて習得する。

 スキルアップ全体研修は、専門職業人としての知識・技術・態度の向上を目指すために、「がん看護」「がん化学療法看護」「看護実践にいかすフィジカルアセスメント」「認知症看護」「災害看護」の研修を全看護職員が習得する。

6.新人教育プログラム 1年目の流れ

h25sinjin

h25sinjin_2

平成29年度 31人の新人を迎えました。

h28syugou