救命救急センター

スタッフ

職名・氏名 医師資格
取得年度
主な専門領域・専門医など

副院長
兼救命救急センター長
伊藤 淳樹

昭和54年 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医

概要

当院救命救急センターは、岐阜県東濃地域における救急医療の中核センターとして一般病院では治療が難しい脳血管障害、虚血性心疾患、急性呼吸不全、各種ショックまた事故等による重症外傷など、生命に危険がある3次救急患者さんに対し、初期の高度治療を専門に行なう施設として開設されています。

救命救急センターは、第1次、2次の救急医療機関や消防機関との連携のもと、救急隊とはホットラインを開設して、複数の診療領域にわたる救急患者さんに対して、常時、救急スタッフと研修医が待機し備えています。ヘリポートも有しドクターヘリ、防災ヘリを利用して重症救急患者さんの搬送支援、受入を行っています。

救命救急センターは合計20床あり、生命維持、治療にあたります。各科の専門的な治療が必要な場合は、それぞれの専門医とともに治療方針を決定していきます。また、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士、栄養士などの多職種でのチーム医療にも力を入れています。いつでも重症患者さんを受け入れる必要があるために、重症の時期を脱した場合は、一般病院に転棟していただいております。

救命率の更なる向上には病院前救護体制の充実が必要で、傷病者に対し、救急現場における処置、適切な搬送先医療機関の選定、医療機関への迅速な搬送、搬送途上における処置等を行っている病院前救護の主たる担い手である救急救命士に対して指示や助言を行う一方、臨床実習や教育の機会を提供しています。

医学生,研修医,看護師などの実習・研修生も積極的に受け入れています。ご興味がおありの方はぜひ御一報ください。

収容可能病床について

収容可能病床 20床

治療実績

救急患者さんの治療

■年間救急搬送件数&救急受診総数(H27年)

救急受診総数 14,492名
救急車搬送数 4,849名

emergencyH27