心臓外科

スタッフ

職名・氏名 医師資格取得 主な専門領域・専門医等

心臓外科部長
兼臨床工学部長
兼救命救急センター医長
八神 啓
(ヤガミ ケイ)

平成13年 日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本心臓血管外科学会専門医・国際会員・修練指導医
日本胸部外科学会・正会員
日本冠動脈外科学会
日本人工臓器学会
日本循環器学会

主任医師
兼救命救急センター主任医師
藤田 山
(フジタ タカシ)

平成21年 日本外科学会
日本心臓血管外科学会
日本胸部外科学会
日本循環器学会
日本集中治療学会
日本救急医学会

医師
石田 真一
(イシダ シンイチ)

平成28年

診療内容

1 はじめに

心臓の手術は怖い、不安だ、とお考えの方がほとんどだと思います。

最近は医療技術の進歩により以前に比べ、手術危険率は緊急手術も含め極めて低くなりました。しかし、実際に手術を受けられる患者さん、その御家族の方の不安は当事者にしかわからない大きなものがあると思います。そんな不安に対して、現在の病状、手術の必要性、手術の内容、危険性、術後の予想される経過、費用など、しっかりご理解いただけるまでご説明させていただき、安心して診療を受けていただけるよう努力しております。

当科は、東濃地区唯一の心臓外科施設として、都市部の医療機関と比較しても遜色ない、質の高い医療を提供する責務を担っております。1982年に開設後、地域の患者さんの診療を続け、30年以上、心臓外科治療に取り組んできた実績があります。患者さんのご病状、ご年齢に応じて個人個人の今後の生活のことも考え、いちばん満足して頂けるような診療を心がけております。

2 当科の手術内容と成績

【虚血性心疾患手術・冠動脈バイパス手術】

狭心症や心筋梗塞に対する手術です。循環器内科と綿密に相談し、手術、カテーテル治療、薬物治療のいずれが患者さんにとって最も良い治療法であるかを検討し、手術適応を決定致します。また、患者さんの病状、バイパスの場所に応じて、体外循環を使用しない、心拍動下でのバイパス手術(オフポンプバイパス術)、人工心肺を用いて心停止下でのバイパス手術(オンポンプバイパス術)を選択します。

【弁膜症手術・僧帽弁大動脈弁人工弁置換術・僧帽弁形成術】

心臓の弁の異常(逆流したり、せまくなったり)に対する手術です。年齢、弁の状態、弁の場所に応じて、機械弁置換・生体弁置換・弁形成術、を選択します。また、心房細動などの不整脈を合併している場合はメイズ手術という不整脈を治す手術も同時に行っております。どれも安全に行っており、成績も良好です。

【胸部大血管手術】

急性大動脈解離、胸部大動脈瘤などに対する手術です。大きく膨らんでしまった大動脈を人工血管で置きかえて、破裂するのを防ぎます。 また、破裂してしまった場合は、緊急で行う場合もあります。難しい手術ですが安定して良好な成績を残しています。

東濃中濃地区に特徴的に多い、肺の機能が良くない患者さんに対しても我々は周術期管理のノウハウを蓄積しております。 外来受診後、手術までの平均待機期間は1ヶ月前後であり、平均入院期間は術後、約2週間前後となっております。

3 救急医療

先端的な救命救急集中治療管理の完備が最大の特色だと考えております。これによって術前リスクの高い患者さんに対しましても、最善至適な周術期管理を行うことが出来ています。また、緊急症例につきましても、集中治療室に速やかに受け入れることができ、時間に余裕のない緊急手術につきましても、手術部看護師が当直制で24時間対応できることから、完全に対応しております。

4 施設認定

当科は日本心臓血管外科学会専門医認定機構基幹施設として認定されております。また、2007年1月より 日本成人心臓血管外科手術データベース参加施設認定を受けております。

5 手術症例数

心臓外科年度別手術症例数(2006~2010)心臓外科年度別手術症例数2006年から2010年

心臓外科年度別手術症例数(2011~2017)心臓外科年度別手術症例数2011年から2017年

平成29年5月15日更新

gairai_btm