整形外科

スタッフ

氏名、職名、医師資格取得年度、専門領域 認定医、専門医等
伊藤 茂彦
整形外科統括部長
臨床研修センター長
昭和55年卒
(脊椎・脊髄外科)
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ財団登録医
日本脊椎脊髄病学会指導医
高津 哲郎
整形外科部長
リハビリテーション科主任医長
平成1年卒
(脊椎・脊髄外科、人工関節、リウマチ)
低侵襲手術について
腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲手術、
低侵襲人工関節置換術
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会認定医
日本脊椎脊髄病学会指導医
中島 浩敦
骨軟部腫瘍外科部長
整形外科主任医長
平成3年卒
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
がん治療認定医

山本 拓也
関節外科部長
整形外科主任医長
救命救急センター主任医長
平成6年卒

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
新井 哲也
主任医長
平成9年卒
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本手外科学会専門医
日本肘関節学会会員
日本マイクロサージャリー学会会員
中部日本整形外科災害外科学会会員
日本骨折治療学会会員
大野 徹二郎
主任医師
平成16年卒
日本整形外科学会専門医
安藤 友樹
主任医師
平成20年卒
酒井 康臣
主任医師
平成20年卒

概要

当科は名古屋大学医学部整形外科教室の関連病院として、スタッフ一同患者さんの日常診療および臨床研究活動にあたっていま す。元山下弘院長、前室捷之院長、前錦見純三副院長をはじめとして、東濃地区には当科出身の開業医の先生方も多数おられ、病診連携の基幹病院としての使命 を担ってゆきたいと思っております。

専門治療

整形外科のメインテーマとしては脊椎脊髄外科(頸椎,腰椎疾患)、関節外科(人工膝関節,股関節置換)を掲げ、特にその領 域に力を入れています。人工関節置換術の症例数は厚労省の指定する施設基準としての、年間50例以上の手術数をクリアーした岐阜県内でも数少ない病院の一 つです。また前室院長が国内にはじめて導入された、各種腰痛疾患に対する椎間板内ステロイド注射療法(SIDT)は引き続き行い、症例数も既に悠に 3000例を越え、脊椎手術治療を回避したい患者さんの福音となっております。治療効果60-70%という結果は,富山市で行われた日本腰痛学会のシンポ ジウムをはじめ各種国内学会、さらには国際椎間板療法学会などの国際学会でも引き続き報告を重ねております。

新しい治療法

今後は外傷をはじめとした各種一般整形外科の治療は言うまでもなく、時代の主流である最小侵襲手術手技(MIS)の定着、発展を一層進めてゆく所存です。 脊椎外科領域では顕微鏡を使用しマイクロ手技を駆使した脊髄除圧、脊椎固定術における経皮的ロッドの刺入、人工関節置換術における最小侵襲手術の導入、手 根管症候群に対する内視鏡下手根管解放術(ECTR)などは症例数を重ね、良好な成績を生み出しております。

学会報告

臨床学術面におきましては、当科に事務局が設置してあります東海脊椎外科研究会、東海整形外科外傷研究会を中心として活動し、広く国内学会、また地域密接型の東濃地域の各種懇話会にも積極的に参加し、医療水準の向上研鑽を引き続き図ってゆく予定です。

各医師の診察日に関しては、当院診察表一覧をご覧下さい。再診の患者さんの診療は原則として予約制で、週休2日制の影響もあり、月曜日と金曜日はかなり混雑しお待たせするかもしれません。

また特殊外来として岐阜県身体障害者更生相談所から委託された義肢装具の判定を金曜日の午前中に水野部長を中心として行っ ております。木曜日には完全予約制で脳脊椎、脊髄ドックのオプションとして、骨密度測定、腰椎MRI検査、末梢神経速度測定も併せて行っておりますので是 非ご活用下さい。

当院での研修を考えてみえる方々へ

救急外来での一般外傷、整形外科疾患患者様に積極的に対応していただくために、前期研修医の先生は研修一年目に最低1ヶ月間の整形外科研修を義務づけております。また、後期研修医から整形外科専門医を志される先生方につきましては、急性疾患、慢性疾患の両者、広く関節外来から脊椎外科にいたるまでの整形外科疾患に関する基本から最先端までの治療、診断を学ぶことのできる場を供給したいと思っております。積極的に執刀医として手術手技の習熱を図ってもらうに当たり、当地区は伝統、匠を重んじる美濃焼の産地でもあり、その礎に則った整形外科医の育成が当院の使命と考えております。

gairai_btm