チーム紹介

緩和ケアチームにおける職種と役割

1)医師

身体症状の担当医師(内科医・外科医)
患者さんの痛みや、その他の症状に対して、医療の立場から治療法を考えます。お薬以外にも、手術や放射線治療など、 症状をやわらげる方法がないかを考え、その患者さんにあった治療法について助言します。

精神症状の担当医師(精神科医)

患者さんとご家族のこころのつらさをやわらげるため、直接患者さんに面談したり、治療について主治医や看護師に助言したりします。

2)看護師

緩和ケアチームの看護師は、依頼された患者さんやご家族、主治医や病棟・外来看護師に対して、直接面談にお伺いして、お話をお聞きします。 緩和ケアチームが関わっている間は、緩和ケアチームの看護師が窓口となってお話をお聞きします。
チーム内では、患者さんの問題点を分析し、対策をまとめる役割、緩和ケアチームと依頼者との連絡・調整の役割を果たします。
当院の緩和ケアチームには、以下の認定看護師と専門看護師がいます。
① 緩和ケア看護認定看護師
② がん性疼痛看護認定看護師
③ がん化学療法看護認定看護師
④ がん看護専門看護師

3)薬剤師

患者さんやご家族に対して、お薬の飲み方や注意することなどをご説明し、安心してお薬を使えるようにお手伝いします。
チーム内では、苦痛やえらさに対して、どんなお薬がより良いのか、そのお薬をどのように使うのか、どんな副作用が想像されるかなどについて助言します。

4)リハビリ療法士

体が動けなくなってきた、食物が飲み込みにくくなってきたなど、患者さんの日常生活が不便になってきた時に、 より良く生活するためのリハビリテーションについての助言をします。また、疼痛が軽減するような体位・歩き方の工夫、飲み込みにくい、 話しにくいなどの症状に対する工夫を行って、できるようになる達成感や楽になれる満足感など、心を豊かにする関わりも行います。 福祉機器の活用や住宅環境の整備をご家族の方と検討し、自宅での生活の支援を行うこともあります。
当院の緩和ケアチームには、以下のリハビリ療法士がいます。
① 作業療法士
② 理学療法士
③ 言語聴覚士

5)医療ソーシャルワーカー

患者とご家族が、社会的・経済的な問題を抱えている場合に、様々な医療制度や援助機関についてご説明することにより、 安心して治療ができるようにお手伝いいたします。また、家で療養したり、転院したりする場合にも、必要な制度や医療機関についてご説明いたします。

6)管理栄養士

患者さんがいろんな原因で食事を摂れなくなっているときに、食品の選び方、調理や食べ方の工夫について患者さんとご家族の声を聞きながら、 必要な栄養を摂っていただくお手伝いをします。必要な栄養を摂ることで、患者さんの栄養状態を改善し、患者さんとご家族が生きがいを 感じられることができることを目指します。