呼吸器内科

スタッフ

職名・氏名 医師資格取得 認定医・専門医
呼吸器内科部長
市川 元司
平成5年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症指導医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本医師会認定産業医
日本アレルギー学会専門医
日本感染症学会暫定指導医・専門医
呼吸器内視鏡科部長
今井 直幸
平成11年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本肺がん学会会員
日本臨床腫瘍学会会員
日本結核病学会会員
呼吸器内科主任医長
佐々木 由美子
平成12年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会会員・呼吸ケア指導士
日本呼吸器内視鏡学会会員
日本感染症学会会員
日本結核病学会会員
日本静脈経腸栄養学会会員
日本嚥下医学会会員
呼吸器内科主任医長
志津 匡人
平成14年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
呼吸器内科医長
矢口 大三
平成18年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
呼吸器内科医長
髙橋 光太
平成18年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本結核病学会認定医
呼吸器内科主任医師
井上 徳子
平成24年 日本内科学会認定内科医
呼吸器内科医師
木村 隼大
平成27年

概要

当院呼吸器内科では、肺癌診療を始め、間質性肺炎、肺抗酸菌感染症(結核、非結核性抗酸菌症)、重症の慢性呼吸不全など、通常の内科診療では対応が難しい症例を中心に、東濃全域~中濃東部地域(約50万人)よりご紹介いただき、診療しております。

特色

高性能の定位放射線装置(Novaris Tx)を2013年度に導入し、肺癌に対する定位放射線治療が行える様になり2年経過しました。当科で肺癌の診断を行い、定位放射線治療を当院放射線科に依頼する症例も多数お見えになります。2014年度に、名古屋大学より、気管支鏡指導医が赴任し、2013年度より開始していた、末梢肺癌に対する超音波ガイドシース下生検(EBUS-GS)の精度がさらに向上しております。以前から行っていた放射線診断科によるCTガイド下肺生検、呼吸器外科による手術、当科による抗がん剤治療など、肺癌の診断~治療(集学的治療)が、非常に高いレベルで行えていると自負しております。

また、間質性肺炎や、重症のCOPDに対し、非侵襲的人工呼吸(NIPPV)も積極的に行い、低侵襲でできる範囲(最善)の治療を行っています。ただ、間質性肺炎の診断や慢性呼吸不全の評価~長期管理については、肺癌等の診療レベルに対し、近隣の3次病院に比べるとやや見劣りするところもあり、診療レベルの向上が、現在の課題となっています。

検査、治療実績

新規入院数(のべ人数)

2012 2013 2014 2015 2016 2017年度
新規入院数 1600 1641 1728 1809 1717 1802人

内視鏡件数(年度集計)

2014 2015 2016 2017年度
気管支鏡総数 421 477 503 416件
超音波ガイドシース下生検(EBUS-GS) 179 232 208 207件
超音波穿刺生検(EBUS-TBNA) 69 73 71 75件
気管支鏡下治療処置 8 28 28
局麻下胸腔鏡 5 3 7

新規肺癌登録(地域がん拠点病院登録データより)(1-12月集計)

2012 2013 2014 2015 2016 2017年
新規肺癌登録 197 234 266 271 298 283人

結核患者入院数(のべ人数)

2012 2013 2014 2015 2016 2017年度
結核入院数 48 44 55 46 69 39人

気胸患者入院数(のべ人数)

2012 2013 2014 2015 2016 2017年度
気胸入院数 39 59 61 53 77 69人

地域の皆様、当院での勤務を考えてみえる皆様へ

2012年度より新体制となり、呼吸器内科スタッフは、現在6名となっております。診療すべき患者さんの総数に比し、非常に少ない専門医で何とか回している状況はこの数年改善しておりません。周囲の2次病院に助けていただきながら、非常に広域な3次医療圏の診療を継続している状況です。今後も、各2次医療圏の中核総合病院や、さらに高次医療を依頼する公立陶生病院や名古屋大学病院、名古屋医療センターなどとの医療連携を継続し、当医療圏の診療レベルアップを目指し、日々頑張って行きたいと思っています。

また、結核や非結核性抗酸菌症などの抗酸菌感染症は、なじみの少ない領域と思われますが、県内数少ない結核病床をもつ病院として、この医療圏でリーダーシップを発揮すべく日々研鑽しておりますので、症例でお困りの際は、お電話でも結構ですので、ご相談下さい。

お詫び

上述の通り、診療圏、診療人口が大きく、当科病床は、満床状態が多いため、ご紹介頂く際に、いつも、ご迷惑をおかけしております。当診療圏(東濃~中濃東部)での、呼吸器科医不足については、各方面と交渉を継続しておりますが、なかなか解決しておりません。申し訳ありません。

呼吸器内科に関連する認定施設

内科学会認定教育施設

呼吸器学会認定施設

呼吸器内視鏡学会認定施設(平成28年1月より認定)

感染症学会連携研修施設

アレルギー学会準認定教育施設(準備中)

 

gairai_btm