循環器内科

スタッフ

職名 医師名 医師資格
取得年度
所属学会 資格
院長兼
緩和ケアセンター長
がん診療連携センター長

近藤 泰三 昭和55年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本医療情報学会
日本心血管画像動態学会
日本心不全学会
日本医療マネジメント学会
日本心臓病学会
日本内科学会総合内科専門医・指導医 東海支部評議員
日本循環器学会専門医 東海北陸支部評議員
日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
日本心臓リハビリテーション学会認定医 指導士
日本医療情報学会 上級医療情報技士
日本心血管画像動態学会 評議員
日本慢性期医療協会 総合診療医
日比野 剛
副院長兼
内科統括部長
日比野 剛 昭和61年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本高血圧学会
日本不整脈学会
日本下肢救済・足病学会
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医・代議員
日本高血圧学会指導医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修終了
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
臨床研修指導医講習会修了
堀部 秀樹
循環器内科部長
堀部 秀樹 平成8年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本不整脈学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本冠疾患学会
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了
臨床研修指導医講習会修了
日本静脈経腸学会TNT研修会修了
循環器内科主任医長 重田 寿正 平成13年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本不整脈学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修修了
循環器内科主任医長 竹本 芳雄 平成13年 日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会専門医
上山 力
循環器内科医長
上山 力 平成15年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本冠疾患学会
日本集中治療医学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
臨床研修指導医講習会修了
舟曳 純哉
循環器内科医長

舟曳 純哉 平成19年 日本内科学会
日本循環器学会
不整脈心電学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本内科学会認定内科医
田島 史崇
循環器内科医長
田島 史崇 平成19年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心エコー図学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本内科学会認定内科医
山瀬 裕一郎
循環器内科主任医師
山瀬 裕一郎 平成22年 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本不整脈学会
日本内科学会認定内科医

救命治療

当院は救命救急センターを有しており、急性心筋梗塞を始めとする重症心血管疾患の救命治療を行っています。 急性心筋梗塞においては、できるだけ早期の閉塞冠動脈の再開通が重要であり、冠動脈カテーテル治療を24時間体制で行います。 また重症例では、大動脈バルーンパンピング装置、経皮的心肺補助装置を用いて、急性期を乗り切るよう対処しています。 急性期を乗り切った後は、社会復帰に向けて、リハビリ専門スタッフによるリハビリテーションを行います。

循環器疾患の救命救急センター入室

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
1659例 1542例 1376例 1425例 974例

診療内容

診断

循環器内科の対象疾患は、心筋梗塞・狭心症(冠動脈疾患)、心臓弁膜症、心筋症、先天性心疾患、不整脈、 肺塞栓症、腎血管性高血圧症、下肢閉塞性動脈硬化症、高血圧・脂質異常症(生活習慣病)など多岐に及んでいます。 これら疾患は、運動負荷心電図(トレッドミルなど)、心エコー、腎血流エコー、血圧脈波、心筋シンチグラフィー、 冠動脈CT(中央放射線部のサイト参照)などを用いて診断します。 またさらなる精査のため、心臓カテーテル検査を行います。

検査件数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
1.トレッドミル 538例 538例 489例 504例 569例
2.心エコー 6124例 6264例 6638例 9068例 7564例
3.心筋シンチグラフィー 534例 574例 679例 629例 688例
4.冠動脈CT 736例 655例 662例 695例 639例
5.心臓カテーテル検査 953例 915例 863例 911例 923例

治療

上記の診断のもと、経皮的冠動脈カテーテル治療(ロータブレーターの施設基準を満たしています)、 経皮的腎動脈・下肢動脈カテーテル治療、経皮的不整脈カテーテル治療(アブレーション)、 ペースメーカー移植術、植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療(施設基準を満たしています)などを行っています。
・e-LINKED Vol.22掲載記事(2016年4月30日)
・広報誌掲載記事(2016年1月28日)
・広報誌掲載記事(2015年1月30日)
・広報誌掲載記事(2014年8月1日)

治療件数

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
1.経皮的冠動脈
カテーテル治療
398例 392例 417例 372例 440例
2.不整脈カテーテル治療 59例 69例 66例 81例 97例
3.ペースメーカー移植術 60例 48例 65例 53例 58例
4.植込み型除細動器/
ペーシングによる心不全治療
2例 13例 11例 12例 15例
5.経皮的腎動脈・
四肢動脈カテーテル治療
113例 117例 119例 129例 118例

病診連携

地域の開業の先生方からの紹介患者さんには、上記診断、治療を行った後に、 再び開業の先生方のもとで治療を継続する病診連携を推進しております。患者さんにおいては、ホームドクターを持っていただくようお願いしております。

また地域開業の先生方との定期的な病診連携勉強会を開催しています。

gairai_btm