産婦人科

スタッフ

職名・ 氏名 医師資格取得年度 主な専門領域及び認定医、専門医など
副院長兼
産婦人科部長
竹田 明宏
昭和53年 婦人科内視鏡手術
日本産科婦人科学会代議員
日本産婦人科内視鏡学会評議員
東海産科婦人科学会評議員
岐阜県産科婦人科学会評議員
東海産婦人科内視鏡懇話会世話人
岐阜県社会保険支払基金審査員
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
日本産婦人科内視鏡学会技術認定医
名古屋大学医学部臨床教授
周産期母子医療センター長 兼
産婦人科主任医長
中村 浩美
平成3年 周産期学
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
産婦人科医長
篠根 早苗
平成18年 産婦人科全般
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
産婦人科主任医師
北見 和久
平成22年 産婦人科全般
日本産科婦人科学会専門医
日本婦人科腫瘍学会会員
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会会員
日本産婦人科手術学会会員
母体保護法指定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
厚生労働省後援新リンパ浮腫研修終了
産婦人科主任医師
柴田 真由
平成25年 日本産科婦人科学会専門医
産婦人科医師
柘植 志織
平成26年 日本産科婦人科学会会員
産婦人科医師
伊吉 祥平
平成27年 日本産科婦人科学会会員
産婦人科医師
藤田 和寿
平成28年 日本産科婦人科学会会員

県立多治見病院産婦人科では、やる気のあるスタッフを求めています。
研修医やレジデントを希望してみえる学生や研修医の皆様は、こちらのHPを是非ご覧ください。

概要

産科においては、合併症等を持つハイリスク妊娠や分娩を中心に、24時間当直体制で診療を行っています。子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症等の良性婦人科疾患の治療においては、内視鏡による手術を主に行っています。

特色

産科は、東濃地区唯一のNICU(新生児集中治療部)設置施設として周産期救急医療に力を入れています。中濃および東濃地区の20以上の医療機関との連携の下に、小児科(NICU)、麻酔科(ICU)や中央手術室の協力も得て、他の医療機関で、妊娠中や分娩中に異常が発生した場合に、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる状態で当科へ緊急に搬送して妊娠中の異常や分娩中の異常の管理を行う母体搬送に力を入れています。

婦人科は、良性疾患に対しては、可能な限り開腹手術を避け、低侵襲性治療を行うという立場から、内視鏡手術(腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術)に重点を置いて診療にあたっています。また、最近、希望者が多い腹腔鏡補助下筋腫核出術による子宮温存手術にも力を入れています。

特殊機器

MRI(3.0T・1.5T)、CT(16列マルチスライスヘリカル)、リニアック、腹腔鏡手術機器、子宮鏡手術機器、血管撮影装置、超音波診断装置、超音波凝固切開装置(ハーモニックスカルペル)、コンピューター制御バイポーラー電気メス(リガシュア)、アルゴンビームコアグレーター、PET/CT。

検査・治療成績

婦人科内視鏡手術は、産婦人科部長で、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医(技術認定審査員も兼務)の竹田が中心になって行っています。

平成6年度に開始した腹腔鏡下手術は、平成25年度で20年目になり、全国レベルでも腹腔鏡下手術件数の多い病院の一つとなっています。
また、平成9年度に開始した子宮鏡下手術は、粘膜下筋腫や内膜ポリープを対象とし、その件数は平成29年12月末まで1095件となっています。
当科では良性疾患の約95%は、お腹に大きな傷を残す開腹手術を行うことなく低侵襲性治療が可能となっています。また、同時に機能温存という点にも重点を置き手術療法を考えるように努力しています。
子宮筋腫の患者さんでは、ご本人の希望があれば、子宮を摘出することなく、筋腫核出術を腹腔鏡補助下あるいは子宮鏡下手術で行っていますし、卵巣腫瘍の患者さんであれば、悪い部分だけを切除し、可能な限り正常卵巣を残すように努めています。平成21年から、お腹に傷が全く残らない臍部単孔式腹腔鏡下手術を新たに開始し、平成29年12月末まで2042件の症例を行い、良好な成績を収めています。

内視鏡手術の技術の進歩は、新しく開発されるハイテク機器の開発に支えられている部分が大きく、当科でも、積極的に、そのような機器の導入に努めています。腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術に際しては、超音波メス(ハーモニックスカルペル)を使用し、正常子宮組織への損傷を最小限にくい止めながら手術を行うようにしています。また、コンピューター制御電気メスであるリガシュアを岐阜県内では初めて導入し実績を挙げています。この写真はリガシュアを用いて腹腔鏡補助下腟式子宮全摘術を行っているところです。興味のあるかたは、竹田の開設している婦人科内視鏡手術のホームページもご覧下さい。

http://www.geocities.jp/gyendoscopy

gynecology01

周産期関係の診療は、産婦人科医長兼周産期治療部医長の中村が中心になって行っています。出産に対するニーズの多様化により、正常な分娩であれば、開業医でという指向も強い現在ですが、その一方で、ひとたび異常が発生すれば、赤ちゃんやお母さんの生命に危険が及ぶ事態に陥ることもあります。

産婦人科医師不足の影響は、当地方でも深刻であり、周辺の公的な医療機関よりの産科診療の撤退が相次いでいます。なんとかこの危機的状況下においても、東濃地方での周産期医療の崩壊だけは防ぎたいと考え、産婦人科医師、助産師、看護師が一丸となって努力しています。平成20年4月より東濃地域周産期母子医療センターを開設し、更に地域周産期医療の連携を目的として、お産ネット東濃のHPを開設いたしました。産婦人科医師の産科当直体制により、365日24時間安全・安心の周産期医療を目指して、様々な努力はしていますが、医師や病床が不足している現状では、なかなか難しい状態にあり、克服に時間がかかると思います。

当科での年間の分娩数は、最近5年間、年間の分娩数は、400-500件で推移してきています。分娩件数は横ばいですが、母体あるいは胎児合併症による紹介あるいは母体搬送症例が多いため帝王切開術による出産の割合が高くなっています。平成29年度の出産件数は525件でした。その内、母体搬送:174件、早産:150件、帝王切開による分娩:280件、双胎:29件でした。また、出産後に大量出血等で産褥搬送された例が、13件ありました。また、妊娠初期に紹介される 患者さんにおいては、中村医師を中心にハイリスク妊婦外来で妊娠中の管理を行い、状況に応じて入院管理としています。
総合病院内の産科であるための制限はいろいろとあり、開業医のようなサービスは提供できない部分もありますが、患者さんの要望も取り入れながら、分娩環境 の改善に努めています。平成12年度より希望のある方の場合には、分娩時の夫立ち会いを行っており好評です。

分娩予約の詳細につきましては
”お産ネット東濃” をご覧下さい。

お産ネット東濃のページはこちら

連携医療機関へのメッセージ

喫煙は「病気の原因の中で予防できる最大でかつ単一のもの」(WHO憲章)です。診療の安全性を確保すると共に、女性や子どもの健康を守る立場から、喫煙している方の診療を行っておりませんので、受診予定前には、十分な禁煙指導をお願いします。なお、緊急時はこの限りではありませんので、お気軽にご相談ください。最近、NICUあるいは産科病床が満床のため、搬送をお断りする例もあってご迷惑をお掛けしていますが、お産ネットホットラインでの一報をお願いします。