病理診断科

病理診断って何

病理学会ホームページより

患者さんが病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要になります。

「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本がつくられます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。そして、この病理診断を専門とする医師が病理医です。

さらに、最近は個々の癌細胞に対応した分子標的治療が行われるようになりました。癌細胞の遺伝子診断や発現しているたんぱく質についても調べています。

病理診断科の仕事
組織診断(生検、手術材料)
細胞診断
手術中迅速診断
遺伝子診断
病理解剖

病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。
病院に病理医がいることは、より良質の医療を提供することにつながります。

byouri2byouri3

癌細胞はこんな風に見えます。

byouri4